本文へスキップ

小手指にある骨盤矯正、骨格矯正で身体の歪みを整える整体。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0120-42-4970

〒359-1141所沢市小手指町3-9-14

施術者紹介

院長ごあいさつ


       武久 まさゆき

    1972年1月12日生
    日本整体医学協会正会員
    日本治療協会正会員
    講武会館日本拳法五段
    柔道参段
    日心館合気道四段  
    大東流合気武道弐段



幼少のころより武道に触れ、合気道、柔道、日本拳法、古武術等様々な武道を学んできました。そんな武道からのご縁で柳生心眼流兵術の島津兼治師との知己を得て、日本古来の療術「やわら医術」を学びました。そしてもう一人、栃木県で開業されている快整体院の秋山弘明先生より整体の技術と営業のノウハウをご教授頂き、平成14年8月に「快整体院やわらぎ」を開業致しました。屋号の「快整体院」は秋山先生から名乗りのお許しを頂き、「やわらぎ」は「やわら(柔術)の技」ということで「やわらぎ」と名付けました。

主な略歴



自衛隊に入隊

私は18歳のとき、高校卒業後、心身練磨を目的として陸上自衛隊に入隊しました。

練馬の第一普通科連隊に配属後、主に、機関銃手、無反動砲手、担架手として勤務しました。普通科とはいわゆる歩兵です。
そして担架手とは、4人一組で担架を担いで戦場後を駆け回り、負傷兵を見つけては応急処置をして担架に乗せ、後方に移送する小隊で、そのときに、一通りの止血方、心肺蘇生法、その他の応急処置法を学びました。
心身練磨のために入った自衛隊ですが、厳しい上下関係、規律、集団生活による人間関係からお酒を飲むことまで、多くのことを学ばせていただきました。
(右上が自分です)




オーストラリアでの合気道漬けの生活

6年間の勤務を経て除隊後、私はワーキングホリデービザを取得し、オーストラリアのブリスベンに「合気道養神館ブリスベン道場」を開かれていた森道治先生を頼ってオーストラリアに渡豪しました。
森先生は己の腕一本でブリスベンに道場を立ち上げた先生で、その森先生の道場に住まわせていただきながら合気道三昧の生活を一年過ごさせていただきました。
森先生からは、己の腕一本で道を切り開く不屈の精神を学びました。





きっかけは母の膝痛

私が帰国したとき、私の母がひどい膝痛になっていました。
母は、私が日本にいない間に膝痛を発症し、整形外科に受診するも改善されていませんでした。足を引きずりながら歩く姿を見て、
「ならば、俺が治すしかない!」
と、一念発起し施術者になる道を探しました。

友人が持ってきた情報から、金町鍼灸整骨院に勤めることが出来た私は1年間勤務をさせていただき、院長の鈴木先生からオステオパシーというアメリカの手技療法を学ばせていただきました。
その後、東京のとある整体の学校を卒業し、平成14年8月に私は独立開業し、出張専門の整体院「武久療術院」として仕事を始めました。





人生の恩人、秋山弘明先生

世の中はそんなに甘くはありませんでした。
整骨院と整体の学校で習った技術ではさっぱり効果が無く、母の膝も良くならず、私も学校の同期で開業した仲間達もジリ貧の地獄でした。

そんな中、学校の講師だった奥村先生から、
「学校の、昔卒業した先輩で、月に150人以上の来客がある整体院の秋山弘明先生がセミナーを開いてくれるけど、来る?」
と聞き、藁にもすがる思いで参加しました。

秋山弘明先生は神奈川県大和市で「快整体院」を開業され、その後栃木県大田原市に引っ越されるも、その繁盛ぶりからリクルート出版雑誌「独立辞典2000」にて取材を受けていたという方でした。

その秋山先生も学校卒業後、学校の技術では世間に通用しないことを知ったということで、さまざまな整体の大家の先生に教えを請うて広島、福岡にまで足を延ばされたそうです。
そんな秋山先生が、広島の坂本先生から教授された「バランスクリニック」テクニックは、セミナーに参加した我々が見たことも無いダイナミックかつ速攻のある技術でした。

秋山先生から教えていただいた技術は特に膝の症状に効く技で、私の母の膝の症状に劇的な効果をもたらしました。そしてこのセミナーを境に私のお客も徐々にですが増えていきました。

以後、私は時間を作っては秋山先生の整体院に赴き、教えを請い、整体の技術だけではなく、仕事に対する信念、生き方の哲学など様々なことを教えていただきました。
私には一生涯の師匠です。
秋山先生にお許しを頂き、「快整体院」の名を戴き、平成15年に「快整体院やわらぎ」に屋号を変えました。



古武術の大家、島津兼治師範

平成20年、柳生心眼流兵術の島津兼治師との知己を得ることができまして、島津師の提唱される「柔術(やわら)医術」を学び始めました。

島津兼治師範は、柳生心眼流の著書、ⅮⅤⅮなどを多数出版される古武術の大家の先生でした。

その島津兼治師範が提唱される「柔術(やわら)医術」とは、古来、武術(柔術)に伝わる活法で、今まで見た整体術にはない独特な身体感、矯正法を学ばせて頂きました。

私は平成20年の4月から約2年、島津師が主催される研修会の世話人を務めさせていただき、実に多くの事を学ばさせていただきました。

特に「心眼流の秘術」と言われる「筋(スジ)引き」と「骨格矯正術」は人体に対する考え方を根本から変えられました。

 





■雑誌、書籍関連の出演

2011年に雑誌star peopleの合気道の取材にて受けを取らせて頂きました。



合気道養神館二代目館長を務められた井上強一師範(現日心館館長)が株式会社クエストから出版されたDVD「真・合気道入門」に出演させていただきました。

 





平成年31年 月刊「秘伝」4月号に日本拳法の記事での取材があり、出演させて頂きました。